プリコース (3歳~年少)

 

プリコースは2・3歳児の特性を存分に生かしたコースです。先生の英語による話しかけでレッスンは進行し、DVDに合わせて親子いっしょに英語を学んでいきます。また、クラスみんなと一緒に行うアクティビティやゲームを通して英語感覚が身につきます。

1レッスン40分

 

Aコース (年中・年長)

 

Aコースは、英語の指示を聞きながら、切り貼りやぬり絵をしたり、歌ったり、ゲームをしたり、といったアクティビティがいっぱいの教材です。英文の仕組みや意味を日本語で説明することはせず、英語を聞かせ続けることで、英語を聞いたときに類推しようとする子どもの能力を伸ばします。この時期、大人の目には明らかな効果はまだ見えにくいかもしれませんが、子どもの耳は聞こえた通りの英語の音を素直に吸収し、敏感に反応していきます。

1レッスン50分


Bコース (小学校低学年)

 

小学校低学年は、聴覚が敏感で知識欲が旺盛な時期。そんな特性をふまえ、映像・音声教材と連動したテキストで、 新しい単語や表現を理解、定着させながら、英語を自分のことばとして「伝える力」を身に付けていきます。 また、この時期から学んだ音のイメージを文字につなげられるようにフォニックスの指導も行います。また、Bコースは、監修者である仲田利津子先生が考案されたMATメソッド(*)を取り入れています。MATとは、MがModel、AがAction、TがTalkを意味し、先生がモデルを示し、生徒がそれをまねてアクションしながら英語を話す指導法のことです。

Bコースは小学校6年間のコースで、中学校3年生レベルまで学び、4技能をしっかりと身につけます。

1レッスン50分~60分

 

Cコース (小学校高学年から初めて英語を学ぶお子様対象)

 

Cコースの教材は、「聞く」「話す」「読む」「書く」の英語の4技能に加えて、英語で「考える」力を伸ばすことを目指して制作されています。またコミュニケーションのための英語力を身につけることを第一の目的にしており、テキストで扱うテーマや会話表現も、10~12歳の子どもの生活の場面に即したものを選んでいます。

さらに、Cコースでもフォニックスを導入しています。英語の文字と発音の関係には一定のルールがあります。フォニックスとは、アルファベット26文字とそれぞれの文字が表している発音を関連づけて、英語の読み書きの能力を高める学習方法です。